はじめて息子が「ひきつけ」を起こした。

初めての熱性けいれん。
早朝5時、僕の体にくっついて寝ていた息子が変な動きをしていることに気付いて起きた。すでにけいれんが始まっていた。すぐに妻を起こして病院に電話してもらう。その間、息子が苦しそうだったので自分の足の上に横に乗せて軽く抑えていた。3分程けいれんしたあと10分ほど硬直していた。
病院の反応としては、
「様子を見てすぐに病院に行くか救急車を呼べ。」
とのことだったので救急車を呼んだ。妻は息子の様子を見て少しパニックになっていたが、救急車はすぐに到着して病院まですぐに着いた。連携がすばらしかった。早かった。
硬直が和らいできた息子だったが、救急車のストレッチャーの上で再びけいれんが始まった。けいれんはすぐに収まっていき、病院に着く直前には息子の意識が戻り、初めてママと目を合わせることも出来た。病院に着いて抱き上げるときは自ら両手をそ差し出すことも出来ていた。病院について経過を説明すると通常の熱性けいれんとは症状が異なるため血液検査と脳のCT検査をすることになった。
検査をするとき息子をベットに寝かして離れるときに離れたくないと息子が泣いた。今日始めて聞く息子の声に少し安心した。

通常と違う症状とは、硬直した時間も含めて発作の時間が長かった事と1度間を置いてもう1度発作があった事。
通常は5分以内で1回で終わることが多いらしい。
妻は検査が始まるとひと安心したのか「ヤバイ。まじでヤバイ」と言って、ベンチに横になり起き上がれなくなった。病院のスタッフがすぐに異常に気付いて、そのまま血圧を計ってもらうと低くてなっており脳貧血の状態かもしれないのでベットで横になることになった。
息子の検査が終わり、結果待ちの時間に息子も寝て、僕の目の前に見える光景は、朝の7時前に妻と息子が病院のベットで寝ている状況というものだった。
昨日の夜、寝るまでは何事もなかった日常がこんなにもあっという間にピンチになることに驚いた。

検査の結果は異常なく、様子を見る事になったのでひと安心だった。僕は仕事柄けいれん発作の対応は経験があったので、俺までパニックにならないで良かったが、初めてのことで確信がないままの対応になった。正しいか正しくないかは分からないけど、こんな事もあるんだと読んでくれたらと思う。

お昼頃には息子は元気になり散歩に行きたがり、食欲も出てきた。

妻は「1人の時に起こらなくて良かった」と何度も言っていた。
今回の対応を夫婦二人で出来て良かった。

では今日はこの辺で。


育児休業取得の職場での挨拶。

部署内の全体会議の最後に挨拶の場を設けてもらいました。
僕が挨拶した言葉を書きます。

「私事ではございますが、10月に子どもが生まれる予定になっています。今、妊娠中の妻は体調的にも精神的にもあまり調子が良くないということもあり、私の方が1年間育児休業を頂こうと思っています。長い休みになるので皆様にはご迷惑をかけてしまうことになり本当に申し訳ありません。育児休業なので1年後にはまたこの職場に戻らせて頂きたいと思っていますので、その時はまた宜しくお願いします。」

とこのような事を述べました。
やはり驚いた表情をする人もいましたが、基本的にあたたかい職場なので、応援の言葉を頂いて無事に終わりました。

ただ、やはり職場への影響は大きく、その事を心配する意見は密かに出ていました。

「制度を利用するのはいいけど制度を利用する環境が整っていないと残された人は大変」

と、このような意見です。
この人は基本的に優しい人で、この言葉も個人にではなく上層部にむけたぼんやりとした悪気のない言葉なんだと思います。

ひとつ気になったのは僕が女性であり出産するのであれば、こんな意見は出なかったんじゃないかということです。
うちの会社の社員は男女比がそんなに変わらないので女性の育児休業はよくあることです。
そう考えるとものすごく腹が立ったんですけど、まあしょうがないかと思ってすぐに落ち着きました。

まぁ、社内で男性の取得は初めてだからなぁ…

なにはともあれ無事に発表が出来て良かったです。僕自身が育児休業を取りたいと思えた時点でこの職場は良い職場なんだと思っています。さすがに何もなく気持ち良くさらりと取れるとは思っていませんでしたし、何かを成し遂げようとする時は必ず反対されるものだと思っていますので気にせず頑張ります。

隣のデスクの独身男性の後輩は「良いですねえ!結婚かぁいいなぁ俺もしたいなぁ」と言っていて、前に座っているアラサー独身女性の後輩が「すりゃあいいじゃん。プロポーズするだけだろ?」と若干キレていたのが面白かったです。後輩はみんな優秀です。

では頑張っていこうと思います。

では今日はこの辺で。

家族の話

結婚感や生活のスタイルって育ってきた環境に影響されますよね。特に親の影響は大きいと思います。そのまま真似したり反面教師にしたりは人それぞれですが。自分の両親、妻の両親、それぞれの立場や時代を生きてそれぞれ感じることがあるんだなぁ…というお話です。
僕の父は仕事をするのは苦手でしたが家族を大切にする人でした。実の母であるおばあちゃんの介護をして自宅で看取りました。僕は両親を自宅で介護しようとは思っていませんが、家族に対しての気持ちは父の影響を受けていると思います。父は勉強や仕事が苦手な分、良い父親になろうと頑張ったのかもしれません。
僕の母は専業主婦です。パートなんかは一時期やっていましたが今はやってません。昔ながらの“夫の3歩後ろ歩く”みたいな感じです。今は趣味の家庭菜園をしたり孫を見たりして穏やかに生きてます。たまに父にブツブツ文句言ってます。
妻は妻の母とそっくりです。よく真似をしています。キッチンの調味料の置場所やお皿の位置なども妻の実家とほとんど同じです。妻の母は専業主婦だったので妻も専業主婦になりました。顔もそっくりです。結婚するとき、僕は基本的に妻に対して共働きでも専業主婦でもどちらでも良いと思っていたので、専業主婦になると決めたとき、世帯収入が僕の給料だけになることに納得できるなら、と賛成しました。子どもと一緒にいる時間もたくさん確保できるし、妊娠しながら働く大変さは過去に自分の職場でワーママを見ていたので、少しホッとしたところもありました。(その当時僕はワーママへの風当たりが強い職場で働いていました。)
しかし、そうすると妻は主に家事育児をする人、僕は仕事と家事育児を少しする人として役割分担されて僕が家事育児をたくさんしたいと思っても時間的にも経済的にも限界が生まれることになります。まぁ、家事育児が少ししか出来なくても、それはそれでいいかなと思ったのですが実際に子育てが始まると家族的に大変だったので育児休業を取得しようと思ったわけです。

妻は最近、今後の世帯収入のアップに向けて働く意欲が少し出てきたようです。妻の意識が今の時代に沿ってきました。

妻の父は海外で働くバリバリの営業マンでした。なので家事育児はほとんどしませんでした。今、引退してからは妻と妻の母にボロクソに言われて嫌われています。しかしたくさん稼いでいたおかげで今、経済的にも余裕があり海外旅行にもたくさん行ってます。羨ましいです。

比べて僕の両親は、経済的にも余裕がなくおばあちゃんの介護の時期が長かったこともあって僕が小さい時からほとんど旅行には行ったことがありませんでした。おばあちゃんが亡くなった今も行けません。父は福利厚生のしっかりしている会社ではあまり働いてこなかったこともあり定年後に充分な年金を貰うことが難しいので、おそらく定年を迎えても働き続けることでしょう。

どちらが幸せな家族なのでしょうか。

僕にはわかりません。いや、どちらも幸せな家族なのですが、隣の芝は青く見えたり、無い物ねだりをしたりして僕は妻の両親の家族が羨しいなぁと思うことがあります。

と、まぁそんな感じで育ってきた環境が違う僕と妻なので、いろんなところで価値観の違いを感じることがあります。でもこんな風にいろいろ考えていると、なるほどなぁと納得したりしなかったりするわけです。喧嘩ももちろんしますけど、なるべく良いところだけを吸収し刺激を受け合いながら、なんとかやっていきましょう。と思っています。
今後も宜しくお願いします。

では今日はこの辺で。

幸せな結婚生活とは

『家族によって違う。』こうなりますね。

夫婦がお互い納得いってるかどうか、というところですね。言葉にすると簡単にさらっと言えますが、これが出来てりゃ苦労しないわ。という話です。

僕は今、幸せな結婚生活を送っていると思います。まだ育児休業を取っていませんが、なんだかんだ楽しく生きています。残業が続いて平日は息子の寝顔しか見れずにまともに話したのは1週間ぶりなんてこともたまにありますけど、残業を減らすことばっかり考えながら仕事も頑張ってます。一重に妻のお陰という説もあります。妻も大きなお腹を抱えながら、あちこちに助けを求めながら頑張ってます。週末はだいたい息子を僕に預けてどっかに遊びに行きます。
しかし僕にとって幸せな結婚生活とは何か、と聞かれたらよくわかりません。
父親育児休業日記というものを書きながら僕は何を伝えたいのか。
幸せな家族とは何なのか。
ただ、僕が思ったのは

父親が育児参加していれば幸せか?

ワンオペ育児をしているから不幸か?

本当にそうなのか?と思うところがあります。

何が大事なのか自分なりに答えを探っていきたいと思います。

時々、すべてがどうでもよくなるぐらいしんどくなるときがあります。
心が折れそうなときは立ち止まって休み、腹がたったら怒り、悲しいときは泣きながら、たまに小さな幸せを見つけなが一歩でも進めたらいいんじゃないでしょうか。

では今日はこの辺で。

二世帯住宅を買った話。

僕の夢はマイホームを持つことでした。それも二世帯住宅です。
就職してからあまり無駄使いせずにお金を貯めていたのは家を買いたかったからでした。たいして貯まりませんでしたが…

なぜ家を買いたかったかと言うと明確な理由はありませんでした。
それが僕にとっては自然なゴールに思えていたからです。

強いて理由をいえば、
・「立派な社会人=家を買った人」
と思っていたから。
・自分の城を持ちたかった。
・実家を立て替えれば土地代が浮くから。
・二世帯にすれば両親の心配をしなくて済むから。
・生まれ育った場所で生きていきたかったから。


そんなところでしょうか。まぁ、深い意味はありませんね。
実際に35年ローンで買ってあと33年くらい残ってますけど、今のところ良いところばかりです。世帯の距離感がわりとあるので、心配していた嫁姑問題も大丈夫そうです。妻は同居に抵抗がない珍しいタイプだったので良かったです。感謝です。

そんな住宅ローンがあと33年残っている僕は育児休業を取ろうとしています。大丈夫だと思います。(根拠なし)
ただ、先のことも大切だけど今を大事にしてもいいよな、と思いましたので。

育児休業は今しか出来ないし。

僕が育児休業の話をするとき、「奥さんが働くの?」「同居しているお父さんお母さんには頼れないの?」と、よく聞かれます。
現実として妻は専業主婦だからすぐには働けないしそのつもりもないし、親に頼ろうと思えば頼れます。おまけに妻の実家も徒歩で5分くらいなので週2くらいで行って助けてもらっています。

それでも余裕なく苦しみもがきながら子育てをしてます。
父だって子育てしたいし、妻を助けたい。

この気持ちは堂々と持ち続けていこうと思っています。


うーん、何が言いたいのかよく分からなくなってきたし、うまくまとめられずすみません。


とりあえず育休と関係ない話モリモリになりましたが、今日はこの辺で。
また会いましょう。お仕事お疲れさまでした。

パタニティハラスメント。

まだ育児休業は取っていませんが、パタニティハラスメントについて書きたいと思います。
まず、最初に言いたいのは僕はまだパタニティハラスメントを受けていません。
今日は部長から嬉しい言葉を頂けたので、ブログを更新しようと思いました。
まず、会社には妻が安定期に入ってすぐに報告しました。僕が直接最初に報告したのは直属の上司でした。まず言われたのは
「良いと思います。これから育児休業を取りたい人も取りやすくなると思います。あと、男性の育休があるか就業規則を確認してから上に相談しほうが良いですよ」とのことでした。
会社の就業規則は事前に確認していたし、とくに独特なものはないので問題なかったです。
そして、その足で所長に報告。僕と所長は付き合いがそこそこ長く、お互いにわりと言いたいことが言えるので、良かったといえば良かったですが、厄介な部分もありました。でも、結果としてとても良かったです。
育児休業取得の旨を伝え、返ってきた返答の内容は

・男性の育児休業に関しての知識がないので、すぐに返答が出来ない。申請は受け取った。少し預からせてほしい。

最初はこんな感じでした。
そして、日を改めて了承の旨を伝えてくれました。しかし、その時に加えて伝えられた内容は

・人員配置の関係で育休後に今の職場に戻ってくることは出来ないかもしれない。復帰後に異動があるかもしれない。
・育休取得まで今より仕事を頑張るように心掛けること。
・はじめてのことで分からないことが多いから、ひとつひとつ一緒に進めていこう。

このようなことでした。
かなり、『取らないでほしい』という気持ちが伝わってきましたが、職場の状況を考えると育休による影響の大きさは分かるので、これらの話があるのは仕方ないかな、と受け入れました。権利とはいえ振りかざしていくのではなく、こちらから譲歩していくことも必要だな、というところです。そのあとは親身に相談に寄り添って進めてくれているので、所長にはとても感謝しています。

そして、今日は本部の課長から直々に声を掛けてもらい嬉しい言葉を頂けました。
「会社で一番手にお手本になってくれて良かった」
これはとても嬉しい言葉でした。
その他には
・育休は男であっても女であっても職場ではハラスメントは起きてしまうことがあるから、気にしないでほしい。
・職場には義理を通してほしい。

というようなことでした。
社内で第一号ということで何が起こるかわからず、もしかするとものすごいハラスメントを受けるのではないかと思っていましたが、会社はとても協力的で良かったです。まだこれからあるかもしれませんが、負けずに頑張っていこうと思います。

では、今日はこの辺で。

専業主婦の妻の反応。喧嘩する話。

『まあ、取りたいなら取ってもいいけど。』的な感じでした。
僕が最初に「育児休業をとりたい」と言い出したとき妻は本当に取得するとは思ってませんでした。
僕が本気だということを説明し、日々着々と準備を進める姿を見てようやく現実味を感じているようでした。

私たち夫婦は二人とも短気で、月に一度くらいは大きな喧嘩をします。内容はほんとにしょうもないことです。疲れてるとイライラして喧嘩するし、お腹すいてもイライラして喧嘩するし、わりと大きめのイベントの前にはだいたい喧嘩します。(もうしたくないです)そんな妻は息子ともよく喧嘩します。結婚前まで独り暮らしや料理をほとんどしてこなかった妻は慣れない家事や料理を育児をしながらこなさなければならないからです。そしてわりと完璧主義です。
妻は息子との生活の中で我慢の限界がくると、息子に怒鳴ってしまったり、泣き止ますために永遠とお菓子を与えたり、部屋に籠ってしまうこともあります。ひどい言葉をぶつけてしまうこともありました。
そんな状況の中で日中仕事をして育児の大変さを味わっていない僕から「お菓子あげすぎじゃね?」なんて言われた日には大爆発してしまうでしょう。(しました。)
僕はもう少し妻の気持ちを考えてみるべきだったと今となっては思います。一緒に家族をしていると、育児や生活に疲れて相手の嫌なところや腹が立つことが目立ち、積み重なって嫌になってしまうことはよくあることだと思います。
でも、どうしてそんなに怒っているのか、苦しんでいるのかというのは、一生懸命に良い妻であろう、良い母になろういう気持ちの大きさであり、なりふりかまわず頑張っている妻には本当に感謝し大切にしなければいけないと思っています。

僕は家族の幸せのため、僕の幸せのため育児休業は必要なものだと思いました。
金銭的にはかなり厳しい状態になりますが、これがベストな判断だと確信しています。

そんな妻はお金の心配をしつつも育児休業取得を決めた僕の判断を尊重してくれました。

今では育児休業の生活を二人で楽しみにしています。